魔女の庭

バラやハーブと暮らす日記

バジルとコリアンダー(パクチー)と青じそ

 

ベランダで栽培した植物の覚書のつもりで書きました。

 

えごま

↑えごま

かなり大きくなって、葉っぱも使える状態になりました。

えごまについてはこちらから

 

 

コリアンダー(パクチー)

コリアンダー(パクチー)の花:

コリアンダーを使って、ベトナムサンドイッチ(バインミー)を

作ったりして、おいしくいただきました。

夏にさっぱりと食欲を誘う香り♪

おいしかったです♪

 

パクチーの効用

※妊娠中、授乳中の方は使用を避けること

※消化促進、食欲増進、デトックス、鎮静、頭痛症状の緩和、抗酸化作用

 

コリアンダーは、消化促進、食欲増進の効用があると言われています。

食べ過ぎた後などにはコリアンダーのハーブティーも◎

 

また、デトックス作用も期待でき、体内にたまった重金属の排出、

腸内にたまったガスの排出などを促してくれると言われています。

これにより、むくみ改善、便秘解消、集中力アップも期待できます。

 

頭痛などの緩和、鎮静作用もあると言われています。

 

ビタミンC,カルシウムなどの栄養素も豊富で

抗酸化作用が高く、美肌効果もあると言われています。

 

 

バジル

さっぱりとした風味と香りのバジル。

トマト料理と相性がいいので大活躍しました。

 

バジルの効用

バジルは、古代ギリシャの「王家の薬草」として利用されていたことが知られています。

ビタミンE,カロテン、カルシウムなどを多く含みます。

 

鎮静、リラックス効果

・香りの成分であるリナロール、カンファー、オイゲノールが、作用します。

食欲増進、消化促進

・胃腸の働きを改善

殺菌、抗菌

・風、気管支炎、解熱、虫刺されや炎症にも、作用します。

(刺激の強いメチルカビコールをバジルは含有するので刺激が強く肌の弱い人は注意が必要)

咳止め

・バジルに含まれているサポニンが作用します

防虫効果

・バジルの香りの成分のシオネールが、虫よけに作用

 

 

 

青じそ

年中スーパーでも見かけますが

薬味や日本料理に欠かせない青じそ。

ベランダで栽培してみたので、効用も調べてみました♪

たらこパスタにも入れてみたり、薬味や

きゅうりもみなどに使ったり、ベランダにあると

遠慮なく、しかも使いたいときに使いたいだけ使えるので

本当に便利でした♪

 

 

青じその効用

青じそには

  • カロチン
  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • カルシウム
  • カリウム
  • 食物繊維
  • α-リノレン酸
  • ロズマリン酸 といった成分が含まれています。

 

防腐作用、殺菌作用もあり、食中毒の予防にもなります。

お刺身にも添えてありますがそういった意味もあるのですね。

 

青じその効用

  • 精神安定
  • 貧血
  • 腹痛
  • 下痢
  • 食欲増進
  • 神経痛
  • リュウマチ
  • 脚気
  • がん
  • 動脈硬化
  • 骨粗鬆症
  • 花粉症・アレルギー
  • 食中毒

青じそのロズマリン酸が、血糖値の上昇を抑えて、血液サラサラ効果もあります。

がん抑制効果、アレルギー症状の緩和、抑制、改善効果を期待できることが

東京大学の研究者によって研究、発表されています。

 

タグ :

ハーブ

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る