魔女の庭

バラやハーブと暮らす日記

えごま♪

 

春ごろに植えたえごまの葉っぱが食べられるようになってきました。

 

ぱっと見たところ、シソに似ている感じですが

葉っぱの大きさも香りも全然違うんですね。

(写真の奥に移っているに多様な植物は青じそです)

えごまはシソ科の植物なのだそうです。

 

 

焼き肉の時にサンチュと一緒に食べたり

韓国風に、刻み葱、ゴマ、しょうゆでソースを作って

えごまのしょうゆ漬けにしたりして

食卓で大活躍です♪

 

シソと同様、育てるのは非常に簡単♪

 

えごまの効用

エゴマの葉には、

βカロテン、ビタミンC,E,ロズマリン酸、クロロフィル、αリノレン酸

といった成分が含まれています。

 

αリノレン酸は、必須脂肪酸の一つで、

DHAやEPAなど、魚にも含まれる成分に変換されます。

これは、血液をサラサラにして動脈硬化を予防する効能があると言われています。

 

ビタミンC、E,βカロテンは抗酸化作用が強い成分のため

活性酸素抑制、動脈硬化、がん予防、アンチエイジング、免疫力アップに

繋がる優れた成分です。

 

ロズマリン酸は、糖の吸収を妨げ、血糖値の上昇を抑制する効果があるたm

糖尿病の予防、抑制を心がけている人におすすめの成分です。

 

さらに、えごまは

カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、
亜鉛、銅、リン、マンガンなどのミネラル分や

葉酸も豊富に含んでいます。

 

健康維持、美肌、アンチエイジング、殺菌、消臭

コレステロール、中性脂肪の分解、

アレルギーの改善や脳細胞の活性化などにも

効用が期待できると言われています。

 

 

追記・・・

※肥料をやりすぎて

8月下旬ころに枯らしてしまいました・・・

次のシーズンは、気を付けます(涙)

あまり肥料はいらないようです

 

タグ :

ハーブ

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る